皆さんも一度はGABAという単語を聞いたことがあるのではないでしょうか?一時期日本でも体にいい成分だと大きな話題になりましたよね。今でもコンビニやマーケットに行くとGABA入りのチョコレートなどを見かけることができます。今回紹介するギャバロン茶はGABAを大量に含んだ健康茶。ギャバロン茶の魅力や効能、そしておいしい飲み方までを大紹介します。

ギャバロン茶の効能
GABAを大量に含んだギャバロン茶には体に嬉しい効能がたくさんあります。実は緑茶や紅茶にもGABAは含まれています。しかし含まれていると言っても少量。なんとギャバロン茶には紅茶・緑茶の約30倍もの量のGABAが含まれています。

・高血圧対策・デトックス効果
ギャバロン茶が作られた目的は血圧抑制のためです。GABAには腎臓の働きを活性化させる効果があります。腎臓の動きが活性化されると利尿作用が促され、結果的に血圧が下がることにもつながるのです。また利尿作用はデトックス効果にもつながります。

・体脂肪の低下
ギャバロン茶の別名は「緑茶のエリート」。つまり緑茶としての一面も持っているのです。実はギャバロン茶を日常的に飲む人はそうでない人と比べて体重が減ったという人の割合が増えてくるのです。これは緑茶の持つ脂肪燃焼効果によるものです。

・口臭予防
GABAには消臭効果も期待できます。腸内の悪玉菌を抑えて善玉菌を増やす作用があります。これで気になる体臭や加齢臭、または生理臭の改善につながります。また食事の後にお茶を飲むことで口臭予防にもなります。

・更年期障害の予防
ギャバロン茶には精神を安定させる効果があります。これはGABAに含まれる神経を落ち着かせる効果によるものです。GABAを日常的に摂取することによってストレスフリーの生活を送ることが期待できます。

神経を落ち着かせることは更年期障害のイライラや鬱の精神状態改善につながります。

・アルツハイマーの予防
GABAには脳の血流の流れをよくします。脳の血流の流れがよくなることは脳に酸素が行き届きやすくなるということです。結果的にアルツハイマーの予防や症状の緩和、またボケ対策にもつながります。

ギャバロン茶には今回紹介した以外にも多くの効能があります。ぜひ日常的にギャバロン茶を摂取して、心身ともに健康な生活を送りましょう。

ギャバロン茶とは?
ギャバロン茶は昭和61年に農林水産省の茶業試験場で開発された健康茶です。健康茶の多くは何百年前から飲まれていることを考えると比較的新しいお茶ですよね。当時の開発員たちは緑茶の風味を損なわずに長期間生葉を保存できないのかと研究を積み重ねてきました。そうして開発されたお茶には通常の緑茶よりも20~30倍ものGABAが含まれていたのです。

前述したようにギャバロン茶は緑茶の風味を損なわずに長期間保存できるものです。したがって「緑茶のエリート」と言われるのですね。そんなギャバロン茶と緑茶には同じ葉っぱが使われています。違いは製法の仕方です。ギャバロン茶を製法する際には窒素処理が行われます。これは緑茶を製法する際には行われません。この1手間によってギャバロン茶には緑茶よりも圧倒的に多い量のGABAを含むのですね。

ギャバロン茶に副作用はあるの?
ギャバロン茶には特にこれといった副作用は見られません。強いてあげるならば、利尿作用をもたらすので就寝1時間前には控えた方がいいかもしれませんね。

ギャバロン茶にはカフェインが含まれています。しかし緑茶よりも少ない量だと言われています。もし気になるようだと、飲み始める前にお医者さんに相談することをおすすめします。

GABAとは?
これまでGABAの効果について説明してきましたが、そもそもGABAとは何なのでしょうか?GABAの正式名称はγ-アミノ酪酸です。これは動物や植物などに存在する天然アミノ酸の1種です。アミノ酸は神経伝達物質、そのため私たち人間の体や脳には欠かせない存在なのです。

GABAには様々な健康効果があります。数ある健康効果の中でも有名なのがリラックス効果でしょう。実際にGABAは心に癒しをもたらしてくれるアミノ酸としても知られています。そんなアミノ酸をたっぷり含んだギャバロン茶を飲むことで心落ち着くストレスフリーな生活を送ることができます。

どのくらい飲めばいいの?
ギャバロン茶は健康茶ですが薬ではありません。そのため一日の摂取量が決まっているというわけではありません。ギャバロン茶に限らず健康茶を飲むうえで大切なことは、毎日少しずつでもいいので長期間摂取することです。

GABAの1日に取るべき摂取量は10~20㎎です。ギャバロン茶1杯に含まれるGABAは4㎎と言われています。そのため1日に3杯は飲みたいですね。

おすすめの飲むタイミングは?
これもまた同様に、飲まなければいけないタイミングがあるというわけではありません。おすすめのタイミングは食後30分以内に摂取することです。そうすることで余分な脂肪を吸収するのを効率よく抑えることができ口臭予防にもなります。もしストレスを感じたなという日にはベッドタイムに温かいギャバロン茶を飲むのがいいですね。意外かもしれませんがお砂糖を入れてもおいしいですよ。少し甘めのギャバロン茶をベッドでくつろぎながら飲むとストレスだけではなく、日頃の疲れも吹き飛びます。

ギャバロン茶の味は?
ギャバロン茶に使用される茶葉は緑茶と同じなので基本的には緑茶と似たような味ですね。むしろ緑茶よりもまろやかで、甘みを少し感じるという方もいるので、緑茶よりも飲みやすいはずです。

最後に
GABAが体内で生成されるときは眠っているときです。しかし現代人は忙しい日々に忙殺されていて、睡眠時間も十分に取れない人が多いと思います。また加齢とともに生成量が減ってくるのも事実。GABAが不足してくると簡単にイライラしたりストレスを感じやすくなり、もしくは体調不良を招くこともあります。GABAが含まれる食品はたくさんあります。しかし一番手軽に摂取できるのは、ギャバロン茶でしょう。誰もが1日に1回はコーヒーやお茶を飲むと思います。コーヒーなどの代わりにギャバロン茶を取り入れるだけでもいいですね。少量でもいいのでギャバロン茶を取り入れて心身安定した生活を送ってください。

更新日:

Copyright© ギャバロン茶の効能 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.